ビーグレンでかゆみが出る!?気になるその原因とは。

悩み子
ビーグレン使ったらかゆみが出てしまったけど、こんな時はどうすればいいの?

今回は、このような疑問に答えていきたいと思います。

 

ビーグレンを使ったら「肌がかゆくなってしまった・・」という悲しい口コミを見かけることがあります。

ラインで使ってかゆみが出たとき、特定のアイテムを使ってかゆみが出たとき、いずれも自分の肌に合わない成分が配合されている可能性があるため一旦使用は中止した方が良いです。

赤みやかゆみは配合成分の刺激等によって引き起こされる場合もありますし、季節や体調の変化により一時的にかゆみの反応が起きている場合もあります。

今回はビーグレンの口コミをチェックしながら、かゆみなどの肌トラブルが起きてしまう可能性があるアイテムの原因とその対処法などを紹介していきたいと思います。

 

ビーグレン 公式サイト/btn]

 

ビーグレン Cセラムのかゆみの原因

[caption id="attachment_965" align="aligncenter" width="300"] ビーグレン Cセラム[/caption]

 

ビーグレンの中で刺激が出やすいアイテムとして「Cセラム」があります。

 

まずは、Cセラムのかゆみに関する口コミから見てみましょう。(@コスメより引用しています)

かゆみの口コミ

[aside type="boader"]

(34才 女性 混合肌)

肌はそれほど敏感ではありませんが、使用して一ヶ月ほど経ったら突然にかゆみと赤みが出てしまい中止しました。

恐らく保湿が出来ていたつもりで実際は出来ておらず、肌への負担が蓄積したせいかな?と思います。[/aside] [aside type="boader"]

(32才 女性 混合肌)

ニキビ、ニキビ跡があるので使ってますが、なぜかこれを塗ると顔が痒くなってしまうので夜しか使わないようにしてます。[/aside] [aside type="boader"]

(49才 女性 敏感肌)

塗った時はなんとか大丈夫でしたが翌朝に顔が痒くなり赤いプツプツが出てしまいました。

何日かして再度トライしてみましたが、今度は塗った後に顔に熱をもってやっぱりダメでした・・。[/aside]

 


Cセラムは、ビタミンC配合の美容液でピュアビタミンCを高濃度(7.5%)で配合しています。

ビタミンCは刺激のある成分なので特に肌が弱い人や敏感肌の人には合わない場合があり、人によっては赤みやかゆみが出ることがあります。

口コミでも赤みやかゆみが出てしまった方は存在していますね。

 

かゆみや刺激が出てしまった時の対処法

肌に赤みやかゆみが出てしまった時は塗った箇所を優しく洗い流し、そのアイテムの使用は一旦中止して様子を見ましょう。

日にちを空けて再開し、それでもかゆみが出るなら成分が肌に合ってない可能性が高いので今後の使用は中止しましょう。

口コミにもあるように使い方を工夫している方も存在します。

Cセラムの場合は1回に使う量を規定量より少なくして様子をみることで刺激が抑えられる場合がありますし、1日2回(朝・晩)使いが推奨されていますが、夜だけの使用にしてみるのもおすすめです。

ビタミンCには皮脂の分泌を抑制する作用があるので、この作用が人によっては肌に乾燥を招いてしまい乾燥がかゆみへと繋がります。

なので、Cセラムを使ったあとはしっかりと保湿をすることも大切です。

またビタミンCには光毒性があるため、朝や日中にCセラムを使用したあとは必ず日焼け止めを使用しましょう。

乾燥肌や敏感肌の人は少量から様子を見ながら使用し、肌が弱い人、敏感肌の人、アレルギーを持っている人はパッチテストをしてから使用するのが安心です。

 

関連記事

パッチテストについては、下記の記事も参考にしてみてください。

[kanren postid="624"]

 

ビーグレン QuSomeレチノAのかゆみの原因

[caption id="attachment_779" align="aligncenter" width="278"] ビーグレン QuSomeレチノA[/caption]

 

ビーグレンのQuSomeレチノAは、レチノール(ビタミンA)を配合した美容液です。

レチノール(ビタミンA)は肌の弾力に関わるコラーゲンなどのタンパク質を増やしたり、皮膚のターンオーバーの活性化を促したりする作用があるため、シワやたるみの改善に期待ができます。

しかしレチノール(ビタミンA)も刺激が強い成分です。

 

まずは、QuSomeレチノAの口コミから見てみましょう(@コスメから引用してます)

良い口コミ

[aside type="boader"]

(36才 女性 敏感肌)

敏感肌で強すぎて使えないものが多い中、こちらは荒れずに使えてます

レチノールが高配合の割に、使用感が優しく浸透がよいです。[/aside] [aside type="boader"]

(42才 女性 乾燥肌)

刺激がなく最初からスッ!とつけられます。

特に朝起きた時の手触りが良くなっているので感激しています。[/aside]

悪い口コミ

[aside type="boader"]

(25才 女性 混合肌)

顔全体に塗ると少しヒリヒリしてしまったのですが、くすみの気になるところや目元口元に部分使いにすると調子がいい気がします。[/aside] [aside type="boader"]

(47才 女性 乾燥肌)

シワに効果があるのはレチノールということでお試しを使用後、安くなっていたのでラインで購入しました。

しかし、私には強いようでこれを使うと肌がザラつきます。[/aside]


やはり刺激を感じている人は少なからず存在していますが、@コスメの口コミを見ているとこのレチノールは刺激が少ない、肌に優しいという声が多くある印象です。

 

かゆみや刺激が出てしまった時の対処法

肌に赤みやかゆみが出てしまった時は、塗った箇所を優しく洗い流し、そのアイテムの使用は一旦中止して様子を見ましょう。

日にちを空けて再開し、それでもかゆみが出るなら成分が肌に合ってない可能性が高いので今後使用は中止しましょう。

QuSomeレチノAは顔全体や額、眉間などの気になる部分へのポイント使いが推奨されています。

顔全体に使用して刺激が出てしまった場合は、ポイント使いにして様子を見るのもアリでしょう。

ポイント使いにすることで刺激が抑えられる場合があります。

レチノールには光毒性があるので夜に使用する分には問題ありませんが、朝や日中にレチノールをつけた後は必ず日焼け止めを塗りましょう。

乾燥肌や敏感肌の人は、少量から様子を見ながら使用し、肌が弱い人、敏感肌、アレルギーを持っている人はパッチテストをしてから使用するのが安心です。

 

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9のかゆみの原因

[caption id="attachment_774" align="aligncenter" width="299"] QuSomeホワイトクリーム1.9[/caption]

 

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は、ハイドロキノンを配合したブライトニング効果のある夜用クリームです。

シミ、ソバカス、色素沈着などに効果があるとされているハイドロキノン1.9%の濃度で配合しています。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれ、効果が高い反面刺激の強い成分でもあります。

人によっては肌に合わず赤みや、かゆみなどを起こす恐れがあります。

 

まずは、QuSomeホワイトクリーム1.9の口コミから見てみましょう。(@コスメより引用してます)

かゆみの口コミ

[aside type="boader"]

(48才 女性 乾燥肌)

つけると赤く水ぶくれみたいに腫れてかゆくなります。

特に肌荒れしてない時でもこの状態になるので、ハイドロキノンは卒業します。[/aside] [aside type="boader"]

(27才 女性 普通肌)

使った翌日、肌が盛大にかぶれました。

顔全体が真っ赤に腫れ、かゆく熱を帯びています

肌を少しこすると水分みたいなものが出てくるので、軽い水ぶくれのように顔全体がなっているようです。

敏感肌ではない私もダメなので、合わない人は一定数いると思います。[/aside] [aside type="boader"]

(28才 女性 敏感肌)

私には合わなかったです。かぶれました

ハイドロキノンが合わないのか?他の成分が合わないのか?は不明です・・。[/aside]

 


ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9に配合されているハイドロキノンは、配合割合が1.9%と少量です。

また、独自開発した浸透テクノロジー「QuSome®」で成分をナノカプセルに包んで角層深部へと浸透させるので肌への負担は軽減されています。

しかし口コミにも見られるように、刺激が強いために赤みやかゆみが出てしまう人は存在しています。

 

かゆみや刺激が出てしまったときの対処法

肌に赤みやかゆみが出てしまった時は、塗った箇所を優しく洗い流しそのアイテムの使用は一旦中止して様子を見ましょう

QuSomeホワイトクリーム1.9は、全体使いが推奨されています。

かゆみが出てしまったら気になる部分へのポイント使いはせず、一旦使用は中止しましょう。

しばらく休んで肌が落ち着いたら再開し、それでもかゆみが出る様なら成分が肌に合わない可能性が高いので今後使用は中止しましょう。

中止しても改善しない場合や心配なときは、皮膚科などの医療機関を受診しましょう。

はじめは少量で様子を見ながら使用し、肌が弱い人、敏感肌の人、アレルギーを持っている人はパッチテストをしてから使用するのが安心です。

また、ハイドロキノンは紫外線などの光に当たることで成分が変化してしまい炎症の原因になる恐れがあるため、夜のみの使用とされています。

 

まとめ

ビーグレンでは、効果を出すためにビタミンC、レチノール(ビタミンA)、ハイドロキノンなど強めの成分を配合したアイテムがあります。

これらの成分は独自の浸透テクノロジー「QuSome®」によりカプセルに包んで角層内へと浸透させるため、肌への負担は少なく抑えられています。

しかし成分が肌に合わない人には、赤みやかゆみなどが出てしまうことがあります。

 

化粧品かぶれは使用する人の肌の状態によっても左右されます。

季節の変わり目、疲れやストレスが溜まっている時など、肌のバリア機能の低下に関連して肌はちょっとした刺激にも弱くなってしまいます。

また、肌が乾燥しているとバリア機能が低下してかゆみが出やすくなることがあります。

なので、化粧水や保湿クリームなどで保湿を強化することも大切です。

赤みやかゆみが出てしまった時は、塗った箇所を優しく洗い流し、そのアイテムの使用は一旦中止して様子を見ましょう。

中止しても改善しない場合や心配なときは、皮膚科などの医療機関を受診しましょう。

また、使い方を工夫してみることで刺激が抑えられる場合もあります。

 

いろいろと不安なときは、ビーグレンのスキンケア相談を利用することをおすすめします。

適切な対処法をアドバイスをしてもらえます。

肌に合わず使用を中止するときは、365日返金保証が付いているので、返品返金には応じてもらえます。

損することはないので、その点も安心できます。

 

 はじめての方はトライアルセットがおすすめ

ビーグレンが気になる方は、まずはトライアルセットから使用感を試してみることをおすすめします

ビーグレンのトライアルセットは、肌悩み別に6種類用意されています。

1日2回(朝・晩)7日分1980円(税込)と、一週間じっくりお試しできる内容になっています。

トライアルセットにも365日返金保証が付いているので、安心してお試しできると思います。 

 

[btn class="rich_green"]ビーグレン 公式サイト