ビーグレンはアトピー肌でも使えるの?

悩み子
ビーグレンは、アトピー肌でも使えるのかな?

今回は、このような疑問に答えていきます。

 

アトピー肌や敏感肌の人は、スキンケア選びに苦労されているのではないでしょうか?

いろいろなメーカーから多くの製品が発売されていますが、「どの商品を使えば刺激がなく、肌荒れしないのか?」常にそんな悩みを抱えている人も少なくないと思います。

そこで今回は、ビーグレンは「アトピー肌でも使えるのか?」調べてみました。

参考にしてみてください。

 

 

ビーグレンはアトピー肌にも使用できる

ビーグレンは、アトピー肌の人でも使える製品です。

敏感肌の人でも使えるよう開発された製品であり、アレルギーテストも実施済みです。

しかし、アトピー肌や敏感肌用に開発された製品ではないので、その点は理解しておく必要があります。

 

m i n t
ビーグレンのスキンケア相談へも確認をとって載せています。

 

また、ビーグレンの製品には、独自開発した浸透テクノロジー「QuSome®」が用いられています。

「QuSome®」とは、有効成分をナノサイズのカプセルに包んで角質層の奥、肌トラブルの元へピンポイントで届けそこに留まることができる浸透技術のことです。

有効成分をカプセルに包むことで、浸透しにくい成分や、変性しやすい成分も安定して浸透させることができ、刺激が強めの成分の肌への負担も軽減できます。

このようにお肌に優しく作られているビーグレンですが、必ず刺激が出ないとは言えません。

はじめてビーグレンを使うときは、トライアルセットから購入し、パッチテストを行ってから使用することをおすすめします。

様子を見ながら少量からはじめて、問題がなければ規定量を使うようにしましょう。

 

 

アトピー肌の人へおすすめのアイテム

アトピー肌の人には、肌のバリア機能の低下がみられます。

バリア機能は、肌の一番外側にある角質層に備わっていて、私たちの肌を保護する大切な働きをしています。

外からの異物などの侵入を防ぎ、肌の内側の水分が蒸発しないように守ってくれているのですね。

角質層の中にある、細胞と細胞の間を細胞間脂質がきっちり埋まることで肌バリアが形成されますが、アトピー肌の人は、この細胞間脂質が減少していることがわかっています。

このため刺激に弱く、肌が乾燥しやすい傾向にあります。

そこでおすすめしたいのが、ビーグレンの「クレイシリーズ」です。

ビーグレンのクレイシリーズは、刺激が少なくアトピー肌の人でも安心して使える製品になっています。

 

ビーグレン クレイウオッシュ

ビーグレン クレイウオッシュ

 

ビーグレンのクレイウオッシュは、天然クレイ(モンモリロナイト)を配合した、低刺激で肌に優しい成分で作られた洗顔料です。

モンモリロナイトは、肌の汚れや余分な皮脂だけを磁石のように吸着して落とし、必要な皮脂はちゃんと残してくれるので、しっとりとした洗い上がりになります。

また、うるおいを与えるための美容成分として、グリチルリチン酸ジカリウム、ヒアルロン酸、スクワラン、カミツレエキスなどの成分も配合されています。

泡立ちはないので、余分な界面活性剤は配合されていません。

クレイウオッシュは、低刺激で肌に優しく、不要な汚れだけを落として肌のうるおいは守って洗い上げてくれるので、アトピー肌の人には向いている洗顔料と言えます。

 

ビーグレン クレイローション

ビーグレン クレイローション

 

ビーグレンのクレイローションは、グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎成分)+天然クレイを配合した薬用化粧水(医薬部外品)です。

グリチルリチン酸ジカリウムは、甘草から抽出される薬用の成分。

優れた抗炎症作用を持ちながら肌への刺激が少ないとして、古くから用いられている成分です。

一方、天然クレイの「モンモリロナイト」は汚れを落とすだけではなく、ヒアルロン酸などの保湿成分を吸着して肌にうるおいを届けることができる成分でもあります。

モンモリロナイトには「被膜作用」があり、肌の表面に薄い膜を作ってくれます。

この膜が肌を守るバリアのような役目を果たし、保湿成分を逃すことなく肌に留めてくれます。

クレイローションは、グリチルリチン酸ジカリウムが肌の炎症を抑え、モンモリロナイトが肌にうるおいの膜を作って外部刺激からお肌を守るので、乾燥しないしっとりとした肌へと導いてくれます。

乾燥しやすいアトピー肌の人には、低刺激でおすすめな化粧水と言えます。

 

・「クレイウオッシュ」と「クレイローション」は、「ニキビケアトライアルセット」に入っています。

・「クレイウオッシュ」は全トライアルセットに入ってますが、「クレイローション」は「ニキビケアセット」だけなので注意してください。

 

 

刺激が強めな成分も浸透技術でカバー

ビーグレンには、肌悩みを解決させるため(効果を出すため)に、ビタミンC、レチノール、ハイドロキノンなどの刺激が強めの成分を配合したアイテムがあります。

ビタミンCを高濃度で配合した美容液「Cセラム」は、ニキビ、ニキビ跡、毛穴、くすみ、などに効果的なアイテムです。

また、レチノールを配合した美容液「QuSomeレチノA」は、小ジワやハリに・・。

ハイドロキノンを配合した「QuSomeホワイトクリーム1.9」は、シミ、ソバカス、肝斑、色素沈着などに効果的です。

しかし、これらの有効成分も独自開発した浸透テクノロジー「QuSome®」を用いることにより、肌への負担が少なくなるように作られています。

有効成分をナノカプセルに包んで角質層の深部まで届け留めておくので、肌には優しく、効果は高く発揮するのです。

しかし、人の肌は千差万別なので絶対に刺激が出ないとは言えません。

はじめて使う時には、パッチテストを行って問題なければ少量から様子をみながら使用していくことをおすすめします。

 

ビーグレンはアトピー肌には効果的なの?

アトピー肌の人が抱える悩みの中に、色素沈着があります。

アトピー肌の人は、肌の炎症が赤みや黒ずみ、色素沈着へと繋がってしまうことが多いようです。

この色素沈着は、皮膚をかいたり擦ったりすることで皮膚炎を繰り返してしまうことが原因です。

アトピー肌の人は皮脂が少なく、水分保持機能も低いため、乾燥肌になりやすいのが特徴。

このため肌のバリア機能が低下して外部刺激を受けやすく、かゆみや炎症を繰り返すことにより色素沈着がおこるのです。

 

色素沈着に効果的なアイテムは?

ビーグレンの中で、肌の色ムラや色素沈着におすすめしたいアイテムが「Cセラム」と「QuSomeホワイトクリーム1.9」です。

「Cセラム」は、ビタミンCのなかでもピュアビタミンC高濃度で配合した美容液です。

肌の色ムラなどへの効果が期待できます。

一方、「QuSomeホワイトクリーム1.9」は、肌の漂白剤とも言われるほど美白に効果が高いハイドロキノンを1.9%の濃度で配合した夜用のブライトニングクリームです。

シミ、ソバカス、色素沈着への効果が期待できます。

しかし、どちらのアイテムにも刺激が強めな成分が配合されています。

はじめて使う時は、パッチテストを行ってから、問題がなければ少量から様子をみながら使用しましょう。

 

ビーグレンで肌の赤みが解消される?

肌激弱youtuber「ゆっきーだっぺの民の村長」さんは、アトピー肌の持ち主。

アトピーでの赤み、色素沈着、シミ、アザ、傷などのコンプレックスを持つ人たちの助けになれば・・との想いで、化粧品の使用レビューを投稿されています。

その中に、ビーグレンの「ホワイトケアトライアルセット」のレビューがありました。

ビーグレンのトライアルを7日間使ったら、顔の赤みや色ムラがキレイになり、キメが整い、ツヤも出て、肌色が良くなったそうです。

主に、「Cセラム」や「クレイウオッシュ」が良かったと言ってますね!

「ゆっきーだっぺの民の村長」さんの場合、アトピー肌でもビーグレンは問題なく使えていますし、むしろ絶賛されています。

 

 

 はじめての方はトライアルセットがおすすめ

 

トライアルセット各種 1,980円(税込)

 

ビーグレンのトライアルセットは、肌悩み別に6種類用意されています。

1日2回(朝・晩)7日分1980円(税込)で、一週間じっくり試せる内容になっています。

トライアルセットにも365日返金保証が付いているので、「自分の肌には合わなかった」となっても安心できます。

 

ビーグレンが気になる方は、まずはトライアルセットから「自分の肌に使えるのか」試してみてはいかがでしょうか?

ご使用前にはパッチテストをおすすめします。